ウーマン

中高年の人は要注意!尿漏れの対策や治療について

気になる症状が出たら

婦人

体調の変化に気づいたら

性行為では感染症のリスクもありますので、その後に体調に何等かの変化を感じたら検査を受けておくことが大切です。性感染症にも多くの種類がありますが、梅毒は悪化すると様々な症状を引き起こしますし、治療せずにいると他の人にも感染してしまう可能性があります。感染を広めないためにも気になる症状があれば検査を受け、必要があれば早めに治療を行っていきます。梅毒の検査は病院で受けることができるのはもちろんですが、自治体や保健所、郵送検診などでも受けることができます。こうした検査は無料で利用できることが多いですが、病院と比べると検査項目などは限られてきますのでより詳しく調べるならやはり病院を利用することがおすすめです。

完治するまで治療を行う

梅毒の検査の結果、陰性であればひとまず安心ですが、感染が認められた場合は早めに治療を行っていきましょう。そして治療は薬で行えることが多いですが、勝手な判断で中止してしまわずに完治が認められるまでしっかり続けていくことが大切です。そして梅毒の検査も性行為後にすぐに行っても陽性反応は示しませんので、3〜6週間経過してから行うことがおすすめです。病院での検査は皮膚科、泌尿器科、婦人科などで受けることができます。梅毒は初期の頃はしこり、リンパの腫れなどの症状が起こりますが、自然に症状がおさまってきますので、つい見逃しがちです。変わった症状がある場合は性行為は避け、感染していないかどうかはしっかり調べていきましょう。性行為だけではなく母子感染もありますのでこちらも注意したいところです。